読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タマヨさん日記

タマヨさんは とりあえず 書き続ける。

「狂人なおもて往生をとぐ~昔、僕達は愛した」ープレミアムステージでアンコール放送。歓喜。

舞台のこと

今日は久しぶりに舞台の話を。


忘れもしない舞台。
「狂人なおもて往生をとぐ~昔、僕達は愛した」
https://www.geigeki.jp/performance/theater069/


www4.nhk.or.jp


今度の月曜日にBSプレミアムにて再放送するそうです。
確か去年の夏、放送することを知らないで
後から放送したことを知って
本当に本当に後悔して
あんなにすごい舞台だったからいつか再放送するだろう!と思って
それからずっとプレミアムステージ毎予約してました(笑)

そして今回、念願のアンコール放送です。


正直な話、画面を通して観たら
今持ってるこの舞台への印象が変わってしまうかも知れない、という気持ちも少しあるけど

でも、画面を通してでも、
今の自分の記憶を上書きしてでも、
ずっと覚えてたいと思う舞台だから
本当に本当に再放送が決まったことが嬉しいです。


なんでこんなにこの舞台に対する思いが強いのかなと考えたら
まずこの舞台観るきっかけがわたし的に結構面白くて。

応援している人がブログでこの舞台観に行きましたって書いてて
その時は、題名が長い舞台なんだなと思ったぐらいで
特に気にも留めて無かったんですが

その数日後にいつも読んでる土屋太鳳ちゃんのブログでも観に行きましたって書いていて

s.ameblo.jp
(太鳳ちゃんの綴る文章ひとつひとつから、太鳳ちゃんの伝えたい気持ちが読んでいて伝わってきて、
本当に太鳳ちゃんのブログ、大好きです。)

「狂人なおもて~」を二度も、
それも好きな俳優さんと女優さんのブログでたまたま見かけて
これは何か縁がある!と思って、
それから数日後に当日券で観に行きました。


ぜひ再放送見て、「狂人なおもて~」を味わってほしいので
詳しい感想は書きませんが
最初は何を言いたいのか、伝えたいのかわからないことも
終盤になるにつれて、そのわからなかったことの点が
猛スピードで線になっていく感じがあって。


話としては、その線になっていくことを止めたいと思う反面
今、自分はすごい瞬間を目の当たりにしているんだと興奮している観客としての自分もいて
興奮しながら、今自分瞳孔開いてるなーってなんとなく冷静に思ったりもしてました。



この作品に出会って、演劇の戯曲・台詞回しの面白さを知って
清水邦夫さんの戯曲集を何度も図書館で借りて読みました。

この作品を知るきっかけとなった
応援している人と土屋太鳳ちゃんの観た映画、舞台の紹介には目を光らせてます(笑)

この作品の演出をされた熊林弘高さんの演出の「かもめ」。
もし観に行ったらまた記事書きます。すごく観に行きたい。



生で舞台を観るのと、画面を通して舞台を観るのとでは
感じ方も違うと思うけれど
わたしの味わった興奮を少しでも共有できたらなと思って、この記事を書いています。

ひとりでもこの作品を知る人が増えたら嬉しいです。